2013年05月23日

所信=初心

 本日よりブログを開始します。 
 私は今まで県議・市長として、地方自治の最前線で活動してまいりました。しかしながら、地方の抱える課題は一向に改善の兆しが見えません。
 ここ数年来の地方分権も、概して言えば中央政府のリストラの色彩が濃いものでした。小さな権限は数多く移譲されましたが、財源・人員が伴わず、自治体は多くの「余計な」仕事を抱えるだけというケースがまま見られました。
 また、少子化・高齢化に対する歯止めはかからず、規制緩和で商店街は壊滅し、一次産業の所得は低水準を強いられてきました。

 現在、安倍政権の下で経済再生の機運は盛り上がっておりますが、地方経済はまだまだその実感が持てません。アベノミクス効果を地方まで行き渡らせるための施策が必要であります。
 補正予算と当初予算が執行され、自治体から受注者に支払いが行われるタイミングを考えると、今秋くらいから地方でも本格的に景気回復の実感が出てくるのではないかと考えます。
 しかし、消費税増税も控えている中で、景気を継続的な回復基調に乗せていくためには、まだまだ油断禁物です。

 そんな中で、地方の産業構造の特性に十分に配慮した経済対策が、今後も継続的に期待されます。ささやかではございますが、現場で培った経験を活かして、地域の活性化に取り組んでまいりたいと存じます。
 「地方が元気になることで日本が元気になる」という思いで努力してまいります。
【関連する記事】
posted by 長峯誠 at 17:13| 所信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。